インスタにオリジナル曲の動画を上げたら世界デビューしました

2017年6月22日にインスタグラムに作詞・作曲した「エキストラたちの咆哮」という曲をアップした。ライブハウスがマイクを解放して自由に参加できる「オープンマイク」というムーブメントが世界中で展開されているが私も練馬のBE born 所沢のカフェ来遊留のオープンマイクに参加するようになり、このスリリングな感覚や感じたことを曲に封じ込めたいと思ったらすぐにこの曲は出来上がった。

ハッシュタグによって世界中からいろんな反応がくることをすでに体験していた。フォロワーではなくてもハッシュタグを駆使することによって、たとえ日本語で歌っていても、思いがけなく世界中に拡散していくのだ。この時に使ったハッシュタグは以下。

#singersongwriter  #songwriting  #singer  #singers  #歌  #歌うたい  #オープンマイク  #gibson  #gomixer  #gibsonj45  #ギター弾き語り

すると世界中のアマチュアミュージシャンを対象にプロフェッショナルなレコーディングを提供するイギリスの音楽制作サービスMyFirstSingleの公式アカウントからコメントがあった。

“Awesome job, you have a great voice, is your music original?”

そして何度かメッセージのやりとりを重ねた。スカイプのような通話サービスであるZoomを使って何度も何度も丁寧にミーティングを重ねた。

「エキストラたちの咆哮」のコード譜を送り、アレンジされたサウンドトラックが送られてきた。どんなサウンドになるか全く予想がつかなかったが初めて聴いた時、全身が震えるくらいに感激した。このサウンドトラックに合わせて自宅のマンションでボーカルを収録してデータを送信。レコーディング用のコンデンサーマイクも銀座のYAMAHAで購入しておいた。9月2日にマスタリングされた最終バージョンの音源が届いた。ミキシング、マスタリングもプロの手にかかると文字通り、音が生まれ変わる。

せっかくなので販売してみようと思った。今は個人でも世界中に音楽を販売することが可能だ。ディストリビューションを代行してくれる会社の中からTuneCoreというサービスを選択。シングルで年間利用料は税別1,410円。日本国内25のストア、世界120ヶ国以上(2018年2月9日には187ヶ国に拡大)に配信できる。申請から35分で許可がおり、2017年9月3日から続々と世界中で配信がはじまった。すでにTuneCoreには日本と英語で私のページができている。

ツイッターでエゴサーチしてみると発売初日の深夜にMP3ダウンロードランキングで国内2位だったようである。このことをイギリスのMyFirstSingleのスタッフに伝えると彼らも大喜びだった。

世界各国のiTune Store、Apple music、Amazon music、Spotify、Google Play music、日本国内でもLINE MUSIC、ドコモのdミュージック、music.jpストア、楽天ミュージックなども配信が開始。

プロデューサーのBobからZoom ミーティングで「次回は英語で歌えよ!」と言われ、準備に入っている。

風水思想とボブ・ディラン

2016-10-14-19-52-54ボブ・ディランが2016年のノーベル文学賞を受賞した。

平成三年(1992年)の大学時代に恩師である渡邊欣雄先生のゼミで「風水思想のコスモロジー」というレポートを提出した。

熱く風水思想とボブ・ディランについて書いた記憶があったので探してみた。手元にコピーが残っていたので引用します。

最後にゼミのレポートとしては適していないかもしれませんが、アメリカのシンガーソングライターであるボブ・ディランの「風に吹かれて」(Blowin’ in the wind)という1960年代に黒人の公民権運動やベトナム反戦運動のテーマソングであった曲について述べておきたい。20歳という年齢とニューヨークの街と公民権運動、ベトナム反戦運動との出会いが産んだ曲だ。今からちょうど30年前の1962年にディラン自身が作詞・作曲した。

この曲のモチーフになっているのは、人生、政治、戦争、大自然などについての疑問を投げかけ、「友よ、その答えは風の中にある」と各連の末に言い放つというもの。渡邊欣雄先生のもとで風水思想について学ばせていただいている間、いつも私の頭の中でこの「風に吹かれて」が流れていました。こうして「風水思想のコスモロジー」と題して考察を進めていくと、やはり「風水」と「風に吹かれて」は根底でつながっているように感じています。そしてこの「風に吹かれて」が洋の東西を問わず、世界中の人々に愛聴され、受け入れられたということに、今後のエコロジー思想も含めて、一条の希望の光が見て取れるように感じています。

 

 

「加速する変動」キューバのドキュメンタリー映画との邂逅

1989年にはじまった山形国際ドキュメンタリー映画祭は隔年で開催される。

今年は開催年ではない代わりに「ドキュメンタリー・ドリーム・ショー 山形 in 東京2016」新宿K’s cinema城西国際大学で9月17日(土)から10月7日(金)まで開催している。

学生時代に専攻していたのが異文化研究である文化人類学だったこともあって、テレビのドキュメンタリー番組やドキュメンタリー映画にもともと興味を示し、在学中の1990年代から「ラテンアメリカ映画祭」と銘打った映画祭を見つけては足繁く通っていた。ラテンアメリカの近現代史や「現在(いま)」を注意深く掘り下げることによって「先進国」と呼ばれる国々の傲慢さや世界的な搾取、不平等、矛盾などが明確に映し出されるようになるはずだという直感があった。

昨年の山形国際ドキュメンタリー映画際にも足を運んだがすべての作品を観ることなど不可能に等しい。(ちなみに私が昨年、山形で見た中でのベストは最優秀賞を受賞したチリ映画の「真珠のボタン」。)

だから、こうして山形で出会えなかったドキュメンタリー作品を開催年の翌年に東京で出会うことができるのは貴重な機会だと思って胸が高鳴った。

2016-09-25-16-20-08そして本日、出会うことができたのが「加速する変動」(Accelerated Development – In the Idiom of Santiago Alvarez  )だった。山形国際ドキュメンタリー映画祭では1999年のインターナショナル・コンペティション作品として上映。2011年の山形、2012年の山形 in 東京でも上映。1969年北米コロラド州デンバー生まれのトラヴィス・ウィルカーソン監督がキューバを代表するドキュメンタリー映画作家サンチャゴ・アルヴァレス(1919年〜1998年)の生涯を通 して、キューバだけでなく、ベトナム戦争やアメリカの黒人差別問題など激動の20世紀を描いている素材を使って激動の20世紀を映し出している。音楽の躍動感、リズムと共に常に政治的で時に教示的な 映像が繰り返し観客の心にこれでもかと突き刺してくる。

キューバ映画はドキュメンタリー映画といえども音楽の魔力を存分に活用しているものが多い。この作品もまさに音楽、リズムをフルに活用している。音楽がなかったらこの映画のインパクトは半減していたことだろう。この明るくリズムカルでありながらどこか物憂げで悲しくも感じられる音楽がこの映画に力を与えている。この作品は映画学校などでも教材として使われることが多いようですが末長く、世界中で観られることとなると確信します。映画作品との出会いは、まさに一期一会。生涯忘れないような作品に出会えたことに感謝の念を噛み締めています。

 

 

「月明かりとメキシコインディアン」動画をアップ

ゴールデンウィークに自分が学生時代に専攻した文化人類学へのオマージュとして作詞・作曲した「月明かりとメキシコインディアン」をYouTubeにアップロードしました。

「月明かりとメキシコ インディアン」

文明にも塗りつぶされない 死を前にした恐怖が アスファルトの下に染み込む

狼の瞳の中に浮かぶ メキシコ インディアンは 砂ぼこりの中に消えてしまう

神話の記憶が甦える あたたかな大地よ 失われた祈りが空を舞う

点滅するイルミネーション 道に迷い 途方にくれると 月明かりが闇を照らした

独裁者はペテンがうまくて いかさまを働き コントロールが効かなくなる

神話の記憶が甦える あたたかな大地よ 失われた祈りが空を舞う

「月明かりとメキシコ インディアン」

Ch7qh8HUUAAMTtd.jpg_large今年のゴールデンウィークはインプットとしては本や映画からたくさんのものを吸収すること、そしてアウトプットとしては自分なりに大学時代に専攻した文化人類学へのオマージュを総括するような詞を書き、曲をつけると決めていた。

学生時代に夢中で読んだカルロス・カスタネダやミルチャ・エリアーデ、ラテンアメリカの歴史や文学、チベット密教に関する書物を読み返した。

以下が出来上がった歌詞です。

 

「月明かりとメキシコ インディアン」

文明にも塗りつぶされない 死を前にした恐怖が

アスファルトの下に染み込む

狼の瞳の中に浮かぶ メキシコ インディアンは

砂ぼこりの中に消えてしまう

神話の記憶が甦える

あたたかな大地よ

失われた祈りが空を舞う

点滅するイルミネーション

道に迷い 途方にくれると

月明かりが闇を照らした

独裁者はペテンがうまくて

いかさまを働き

コントロールが効かなくなる

神話の記憶が甦える

あたたかな大地よ

失われた祈りが空を舞う

独立メディア塾がもたらすムーブメント

これまで独立メディア塾というサイトには二度寄稿する機会に恵まれました。

作家 佐藤泰志の光と影が示すもの
http://mediajuku.com/?p=2344

現代によみがえるボリス・ヴィアンのシャンソン「脱走兵」
http://mediajuku.com/?p=3252

本日、2016年1月21日に独立メディア塾のパーティーが開催された。
執筆したもの同士がリアルに語り合える貴重な場である。

思いがけず、オープントークに執筆したボリス・ヴィアンの原稿でオープントーク部門の優秀賞を受賞するという幸運に恵まれた。

既得権益の仲良しこよしのネットワーク以外は「敵」とみなすのではなく、あくまでも市民の評価を主軸にし、作品の評価システム、映画化になった際の資金調達の方法なども絶望的に思えたものが「クラウドファンディング」なども浸透してきた。

どんな作品でも猛烈に情熱があり、その情熱を集積することができれば大きなムーブメントを生み出す可能性もある。

型破りな作品が発表され、日本中の「読み手」たちにこの上ない、スリリングな体験を提供できれば継続的な注目を獲得することも可能なはずだ。

そうしたムーブメントの先に見えてくる人間の創造的な活動に想いをはせる。

 

こんな日だからボリス・ヴィアンの「脱走兵」を歌う

b-vian-le-jazzはじめてパリに行った。25年前にアテネ・フランセに通っていた。フランス現代思想や文化人類学への憧れもあったが、フランス語を学びたいという気持ちにさせたのは、ボリス・ヴィアンの存在だった。

ボリス・ヴィアンが自分が原作を書いた映画「墓に唾をかけろ」の試写の最中に「死ぬほどつまらない」といって本当に心臓発作で死んでしまったのは1959年。

最近では日本映画「クロエ」、フランス映画「ムード・インディゴうたかたの日々」の原作者として名前が挙がることが多いが小説家としてだけでなく、詩人、劇作家、技師、SF画家、トランペット奏者、そしてシャンソン歌手、シンガーソングライターとしても名曲を数々残している。

ボリス・ヴィアンのシャンソンの中でも最も著名で今でも数多くの歌い手に歌われているのが「脱走兵 (Le Déserter )」だ。

YouTubeには日本語訳で沢田研二が歌っている動画もある。
フランスといえば自由の国の象徴のようなイメージがあるが、この「脱走兵」が発表された頃のフランスはインドシナ、アルジェリアといった植民地を抱えていたいわば戦時体制に近い状況だった。たちまち「脱走兵」は放送禁止となってしまう。

こんな詩である
大統領閣下 お手紙を差し上げます
お時間のある時に読んでください
たった今、水曜日の夜、召集令状を受け取りました

大統領閣下 私は戦争をしたくありません
罪のない哀れな人々を殺すために私は生まれてきたのではありません

あなたを怒らせたいわけではありませんが
でも言わねばなりません 私の決心は固いです
私は脱走します

もし血を流さなければならないのなら
ご自分の血を流しなさい
あなたはとんでもない偽善者だ 大統領閣下

私を探しているなら憲兵に伝えてください
私は武器をもっていないことを
そして引き金をひいて撃ち殺しても構わないと

 

強行採決があったこんな日だから、今宵は「脱走兵」を歌った。

Le Déserter Boris Vian「脱走兵」ボリス・ヴィアン

 

 

 

「SHOAH ショア」と「クリスタル・ナハト」

2015-04-19 09.52.54クロード・ランズマン監督の「SHOAH ショア」を渋谷のイメージ・フォーラムで観た。ナチスによるユダヤ人の強制収容、ホロコースト(大量虐殺)の全貌を当時の関係者の証言のみで構成されたドキュメンタリー映画だ。ナレーションやBGMも無く、当時の写真や記録映像などの挿入も皆無である。証言を引き出すインタビューと撮影当時の「現場」の様子が淡々と映し続けられていく。英語、フランス語、ドイツ語などの音声が飛び交い、字幕を追いながらイメージが膨らんでいく。その時間なんと9時間27分。タイトルの「SHOAH ショア」とは、ヘブライ語で絶滅、冒涜、破局の意味。

2015-04-19 22.05.04頭脳警察のPANTAがソロになって「クリスタル・ナハト」というアルバムを1987年に出した。「クリスタル・ナハト(水晶の夜)」とは、1938年11月8日、ナチスによるシナゴーグ(ユダヤ教会堂)・ユダヤ人商店街破壊事件が起きた夜のこと。学生時代に聴いて衝撃を受け、いくつかの曲はカバーもした。「シナゴーグ」「ホロコースト」「ディアスポラ」という言葉もこのアルバムで覚えたと記憶している。

書籍「歴史からとびだせ」(JICC出版局 1989)の中でPANTAがこのように言っている。

「クリスタル・ハナト」というタイトルで、この内容なら日本でも出せる。ヨーロッパの話だからね。ところが、日本にとってのクリスタル・ナハトみたいなものを取り上げるとダメなんだよ。つまり南京、重慶、あるいは朝鮮人大虐殺、その辺の問題を、今レコードに出して市場に出すことはできないんだ。だから「クリスタル・ナハト」から、同時代のアジアへとスライドさせたい、引き寄せたいという気持ちもあったんだ。

「SHOAH ショア」もヨーロッパの話、遠い過去の話としてではなく、まさに現代の自分自身の身の回りに起こっていることとして受け止めるべきなんだと感じました。

 

 

 

「ゲリラ闘争記」テーマソング公開

「ゲリラ闘争記」(作詞・作曲  チェ・池田)

世界のどこかで 俺たちは歴史と向かい合っている
自分を奮い立たせる言葉を探し出して
絶え間なく闘い続けるんだ

恐れることなく闘い続けよう
今生きることが歴史になる

支配という鎖から解き放たれて 俺たちは生きて行く
理不尽がまかり通る 世の中だとしたら 迷うことなく闘い続けるんだ

恐れることなく闘い続けよう
今生きることが歴史になる

「月刊群雛/創刊の辞」を歌う

今日はインディーズ作家を応援する「月刊群雛」の発行母体である日本独立作家同盟をNPO法人化するのにあたっての記者発表会。私は司会をつとめさせていただきましたが、月刊群雛と関わりをもったのはちょうど1年前の2月に月刊群雛の鷹野凌編集長が創刊号に執筆した詩(「月刊群雛/創刊の辞」)に勝手に曲をつけて、勝手に歌い始めたのがきっかけです。はじめて披露した電子出版交流イベントePubPub@吉祥寺での音源が残されておりまして、今日も記者発表前にエンドレスでBGMで流れておりました。どんなプレゼンよりも月刊群雛のコンセプト、メッセージが明確に伝わってくるんです。

月刊群雛/創刊の辞
作詞 鷹野凌  作曲 池田敬二

我々は雛だ まだくちばしの黄色い雛だ
ひとりではろくに餌をとることもできない
だから、群を作ることにした
ひとりではできないことも
みんなの力を合わせればできる気がする

我々は雛の群れだ
けれども、巣の中で親鳥をただ待ち続け
餌をくれと口を開けて上を向いている
だけの雛ではない

すくなくとも自分の両足で立っている
空へ飛び立とうと、両の手を懸命にばたつかせている

いつかあの大空を群をなして飛ぼう
そのために全力で走ろう 力いっぱい羽ばたこう
汗をかこう 繋げよう 広げよう

ここに我ありと大声で叫ぼう できる限りの努力をしよう
その先に我々が目指す青い大空があるはずだ