志村一隆と独立メディア塾

2016-03-21 21.04.31昨日、我がメディア論の師匠である志村一隆が呼びかけ人となって私の独立メディア塾オープントーク部門優秀賞受賞記念パーティが開催された。

受賞した原稿は以下でした。

現代によみがえらるボリス・ヴィアンのシャンソン「脱走兵」
http://mediajuku.com/?p=3252

独立メディアへの寄稿を推薦してくれたのも志村一隆氏だった。

そもそも志村一隆氏との出会いは私が方々で「電子書籍」をテーマで講演をするようになった際に「放送・通信から見た電子書籍」というテーマの講演依頼が来て、志村氏の著作を読みこんだのがきっかけでした。最初に「明日のメディア」(ディスカヴァー携書)。続けて「明日のテレビ」(朝日新書)、「ネットテレビの衝撃」(東洋経済新報社)を読んだ。今では誰もが知っているHulu、ネットフリックス、アドテクノロジー、ビッグデータなどについてもいち早く取り上げて解説された志村氏の著作を読んでいたおかげで自分の講演オファーも増えていった。私も講師として参加したPAGEという日本印刷技術協会のイベントで志村一隆氏に初めてお会いした。
「私はあなたの本を全部読んでいるのでフェイスブックで友達になってください。」と名刺を差し出した。
広島で開催された総務省中国総合通信局 、中国経済連合会、中国情報通信懇談会による「放送と通信の連携などに関わる講演会」では第1回目の講師が志村一隆氏で第2回は私が講師となったこともあった。

1910557_1313534655328786_1417483113654579741_nもう4年あまりのおつきあいになる。実は志村氏と私は同じ1968年生まれ。申年会という1968年、1980年生まれが集うイベントでもご一緒している。

そして志村一隆は「独立メディア塾」をはじめとして、今もメディアの最新事情を発信し続けている。

独立メディア塾は関口宏さん、君和田正夫さん(テレビ朝日 元 社長)が代表をしているウェブメディアです。若いジャーナリストの発掘、育成を目的として発足されました。

既存マスメディアへの規制や圧力が露呈されている昨今、独立メディア塾のようなメディアの役割や意義はますます大きなものとなっています。

一期一会、ご縁に感謝する気持ちを忘れず、これからも感じたことを大切に表現していかねばならないと決意しております。

 

独立メディア塾がもたらすムーブメント

これまで独立メディア塾というサイトには二度寄稿する機会に恵まれました。

作家 佐藤泰志の光と影が示すもの
http://mediajuku.com/?p=2344

現代によみがえるボリス・ヴィアンのシャンソン「脱走兵」
http://mediajuku.com/?p=3252

本日、2016年1月21日に独立メディア塾のパーティーが開催された。
執筆したもの同士がリアルに語り合える貴重な場である。

思いがけず、オープントークに執筆したボリス・ヴィアンの原稿でオープントーク部門の優秀賞を受賞するという幸運に恵まれた。

既得権益の仲良しこよしのネットワーク以外は「敵」とみなすのではなく、あくまでも市民の評価を主軸にし、作品の評価システム、映画化になった際の資金調達の方法なども絶望的に思えたものが「クラウドファンディング」なども浸透してきた。

どんな作品でも猛烈に情熱があり、その情熱を集積することができれば大きなムーブメントを生み出す可能性もある。

型破りな作品が発表され、日本中の「読み手」たちにこの上ない、スリリングな体験を提供できれば継続的な注目を獲得することも可能なはずだ。

そうしたムーブメントの先に見えてくる人間の創造的な活動に想いをはせる。