「晩夏のオーバードライブ」

一日で作詞、作曲、レコーディングまで行うワークショップ “One Day Songwriting Jam”の3回目。今回は詩人 Satole Satoru Seno さんとペアを組みました。    
「晩夏のオーバードライブ」という曲が生まれました。

The workshop “One Day Songwriting Jam” writes songs in one day and records them. This time I paired up with the poet Satole Satoru Seno.The song “Late Summer Overdrive ” was born.

「晩夏のオーバードライブ」
作詞 Stole satoru Seno / 作曲 池田敬二

綱渡りして 海までゆこう

君のうなじあたりに 車停めて

好きさ 好きさ 好きさ 好きさ

バランスなんて なんとか なるから

裸足で駆け出す 視線がいいね

(心の)隙間 隙間 隙間 目がけ

愛 愛 愛

どうでもいい二人だったはずが

どうでもよくなんてなくなる

(セリフ)
夏だから たちどころに イチコロさ 本当に?

火の輪くぐって 終いまでゆこう
ちょっとの火傷も 大歓迎だってば

ルキナ ルキナ ルキナ ルキナ

どうでもいい二人だったはずが

どうでもよくなんてなくなる

(セリフ)
夏だから たちどころに イチコロさ 本当に?

“ Late Summer Overdrive”
Lyrics : Stole satoru Seno / Composition : Keiji Ikeda

Take a tightrope and go to the sea
My car parked around your nape
I love you I love you I love you

Because balance is managed somehow
Run barefoot
(Mind) gap gap gap gap
love love love

I should have been two people who were not interested
But we have become irreplaceable

(Poetry Reading)
Because it ’s summer, it ’s going to be trouncing, ーreally is it true?

Go through the ring of fire and let’s go to the endIf a little burn is welcome
Lookin’ up, Lookin’ up, Lookin’ up

I should have been two people who were not interested
But we have become irreplaceable

(Poetry Reading)
Because it ’s summer, it ’s going to be trouncing, ーreally is it true?

マレコン通り El Malecón PVをYouTubeにアップ

2018年12月に初めて訪れた際にお世話になったキューバ人への感謝の気持ちをテーマにした「マレコン通り El Malecón」。私のキューバ滞在をテーマにドキュメンタリー映画「12月にキューバ会おう」を制作してくれた山本学監督にこの曲のPVを作ってもらいました。YouTubeにアップしています。

前半を日本語、後半をスペイン語で歌っております。




マレコン通り El Malecón

2018年12月に初めて念願だったキューバを訪れた。
キューバで開催しているイベント「アニメ手裏剣ジャパン」に招待してくれた主催者のマルセルをはじめ、たいへんお世話になりました。キューバ人たちへの感謝の気持ちを込めてこの曲を書きました。日本語とスペイン語で歌っています。

「マレコン通り」 作詞・作曲 池田敬二

カリブ海の島国で ピカピカの友情を見つけたんだ

遠くはなれた 僕とあなたを 一つの歌が結びつけてくれたんだ

また歌いにいくよ  またマレコン通りを一緒に歩こう

あなたの国の一番の魅力は ラム酒でも葉巻でもなく

地球のエメラルドと呼ばれる海の美しさでもない

それはあなた自身の 心の 美しさだ

また歌いにいくよ  またマレコン通りを一緒に歩こう

また歌いにいくよ  またマレコン通りを一緒に歩こう

El Malecón  – Keiji Ikeda

En una isla caribeña  
Encontré una amistad brillante

Una canción nos conectó a los dos 
aunque estábamos tan lejos.

Iré a cantar otra vez 
Caminemos de nuevo por el Malecón

El mayor atractivo de tu país  No es ni ron ni cigarro


Ni la belleza del mar,la que llaman esmeralda de la tierra 

Es la belleza de tu propio corazón



Iré a cantar otra vez 
Caminemos de nuevo por el Malecón

Iré a cantar otra vez Caminemos de nuevo por el Malecón

写真 岩切 等 Photo by Hitoshi Iwakiri

The Malecón – Keiji Ikeda

English translation of the lyrics.

On a Caribbean island

I found a brilliant friendship

A song connected me and you both although we were so far away.

I’m going to sing again 

Let’s walk again on the Malecon

The greatest attraction of your country is neither rum nor cigar 

Nor the beauty of the sea,what they call the earth’s emerald

It’s the beauty of your own heart 

I’m going to sing again

Let’s walk again on the Malecon

YouTubeにPVをアップ

ダウンロード、ストリーミングはこちらから

https://linkco.re/40uf7xV6

English translation of “Scene of you and the sea”

The Lyrics of “Scene of you and sea”(feat.Keiji Ikeda)
TAKA ONE’S STATION
Lyrics by TAKA ONE’S STATION

A smile that I remember when I look up at the sky
The beach I spent with you who was still young

The sea where no one Wandering clouds
I’m looking for a place to go back

A sad bitter kindness
It changes to chaos wandering anxiety
Wave of waves
Sand mountain collapses

I happened to meet her at the lobby at a friend’s concert
A painful feeling is rising

Colorful Hope The profile is
Saucy Innocence longing
Twilight Sandy beach
Tomorrow of sepia



「君と海の情景」(feat.池田敬二)
作詞 TAKA ONE’S STATION

空を見上げると 想い出す微笑み
幼い君と過ごした海辺

誰もいない海 さまよう雲は
帰る場所を探してる

切ない 苦い 優しさは
混沌 迷い 不安となり
打ち寄せる波 崩れる砂山

友達のコンサート ロビーで偶然彼女に逢った
切ない想い 押し寄せて

カラフル 希望 横顔は
生意気 無邪気 憧れ
夕暮れ 砂浜 セピアの明日



キューバで「ゲリラ闘争記」を歌う

キューバのハバナで開催しているAnime Shuriken winter 2018 というジャパンイベントにゲストとして招待してもらった。イベントは2018年12月26日から28日まで開催。初日の26日はホテルパノラマ。27日と28日は第26動物園で開催。初日のオープニングアクトとしてチェ・ゲバラが1965年に子供たちに書いた最後の手紙にインスパイアされた「ゲリラ闘争記」を歌った。通訳をしてくれた青年の名前はなんとチェ・ゲバラと同じエルネスト。母親は著名な女優で元軍人。もちろんチェ・ゲバラにちなんで名付けられたそうです。「私はこの曲を歌うためにハバナに来ました。」というMCの後に、スペイン語、英語、日本語の順で歌った。会場は入りきれないほどの人で溢れていた。歌いはじめると手拍子もなく、じっくりと静かに聴いている。歌い終わった直後に割れんばかりの拍手と歓声。ドキュメンタリー映画の撮影もしていたのですが音響の針が振り切ってしまったほどだったそうです。その様子を主催者であるMarcelがフェイスブックで動画配信してくれていたので終盤の14秒間に編集してインスタグラムにアップ。

似顔絵をプレゼントしてくれた方も

エルネストがスペイン語、英語、日本語という順序が奏功したと後で話してくれた。初日は一曲だけでしたが歌い終わった後に次々に写真撮影や握手、またコード進行を教えてほしいというオファーもあった。

最終日の28日は第26動物園で30分のステージ。「ゲリラ闘争記」「エキストラたちの咆哮」「Take Your Marks」「カムイ -アイヌの祈り-」。この日は私も熟読している「Amazing Cuba」の著者である千野祐子さんも来てくれた。感激したのはキューバ人女子大生のガブリエラが「Take Your Marks」のスペイン語訳をすぐに送ってくれたこと。

帰国してからも「ぼくらの国の英雄についての曲を歌ってくれてありがという」というメッセージやフェイスブックでの友達申請が相次いだ。真心に溢れたキューバ人たちとの友情をテーマに曲を作り、感謝の気持ちを伝えるのがシンガーソングライターとしての役目だと思っています。

第26動物園で30分のステージ
ガブリエラと
通訳をしてくれたエルネストと

“From Subway…” English Translation

“From subway…”

Lyrics : Keiji Ikeda  Music : Myka

Take the same subway as usual

Stereotypes are born today as well

Although it can not be helped to live

How far I can keep going

Even though I close my eyes, things that I do not want to remember come up only

But if I get over today I will have a holiday from tomorrow

Weekend subway is slower space than usual

I looked at the picture of signage and remembered the dream I had forgotten

I wonder if I can jump out of my usual

I will draw a new future of myself again

いつもと同じ地下鉄に乗り

紋切り型が今日も生まれていく

生きてゆくには仕方がないけど

どこまで続けていけるだろう

そっと目を閉じてみても

思い出したくないことばかり

だけど今日をのりこえれば明日は休日

休日の地下鉄はいつもよりスローな空間が拡がる

サイネージに映し出されて

忘れかけてた夢を思い出す

いつもの自分から飛び出してゆけるかな

もう一度新しい自分を描いてみよう

 

“Welcome to My Garden” English translation

This song was completed with the music creation workshop “One Day Songwriting JAM!” Held on October 14, 2018. It is an event that creates and sells on the day.

“Welcome to My Garden”

Hello Hello, Warm sunlight shines

Hello Hello, Welcome to my garden

Inside the town colored orange, You are facing confusion

The horn obstructs the song of an angel sung by someone

A building that looks like a tomb

A subway like a maze without an exit

There is no answer to the city wind blowing cold

Come here without forcibly proceeding

Hello Hello, in the sunbeams through the sun

Hello Hello, Your favorite flower blooms

Hello Hello, Welcome to My Garden

Hello Hello, My garden for you

In the hustle and bustle of the city poinsettia

I am looking for something while being embarrassed

Congestion can not be solved at all

Navigation does not show departure or escape

Even if it continues to resist the cold wind blowing in the city

I want to have a nice time with you now momentarily

Hello Hello, Warm sunlight shines

Hello Hello, Your favorite flower blooms

Hello Hello, Welcome to you and my garden

Hello Hello, The garden for two of us

Hello Hello, I can hear Angel ‘s Song

Hello Hello, Spring comes from afar

Hello Hello,Welcome to My Garden

 

Lyrics and photo by Taka Nozomi
Music by Keiji Ikeda
Recorded at Cave_tokiwadai

4th single “Take Your Marks” English Translation

“Take Your Marks”
Lyrics : Junjun Fujiyama / Music : Keiji Ikeda

What are you doing now?
In the train on your way home?
Alone in the kitchen? Or in front of the PC ?
You should start when you notice it
Having a dream is a human privilege

Take your marks  In your own way

Head towards a dream that flushes in your heart

What are you doing now?
The corner of the classroom? In the crowd?
Or are you staring at the smartphone?
It does not matter whether it is reality or virtual
S N S is also one of bonds

Take your marks  In your own voice

Spread your own existence

Life is a thing that will end rather quickly than you think
So let’s feel this moment as being “alive” as “happiness”

Take your marks   Are you ready?

I ring the gunshot

Take your marks   Are you ready?

I’ll encourage you

Take your marks   Are you ready?

Don’t hesitate to move forward

 

“Take Your Marks”

作詞:冨士山絢々 / 作曲:池田敬二

君は 今何してる?

帰り道の電車の中?

ひとりぼっちのキッチン?

それともパソコンの前?

気付いた時から始めればいいさ

夢を持つことは人間の特権

Take Your Marks 君だけのやり方で

胸に閃いた 夢へ 向かえ

 

君は今何してる?

教室の隅っこ?   人混みの 中?

それともスマホを見つめているの?

リアルかどうかなんて どうだっていいのさ

S N S も   絆の 一つだ

Take your marks 君だけの声で

己の存在を拡散させろ

 

人生とは自分で思うよりも

あっという間に終わってしまうものだから

だから生きている今この瞬間を

少しでも「幸福」だと思ってみないか

Take your marks

さあ、位置について 俺が銃声を鳴らすから

Take your marks

さあ、位置について 俺がお前の背中を押すから

Take your marks

さあ、位置について 躊躇わずに突き進め

Kamui -Prayer of Ainu- English translation

Kamui -Prayer of Ainu-  by  Keiji  Ikeda

Every  time  the  owl  blinks

The  sun  was  born

The  moon  was  born

The  fire  was  born

The  soil  was  born

And  gave  us  wisdom

Everything  has  a  soul

The  endless  earth

One  drop  of  water

Snow  and  sky  as  much  as  you  can  see

All belongs to God (Kamui).

We  pray  for  everything

「カムイ -アイヌの祈り-」

フクロウがまばたきするたびに

太陽が生まれ 月が生まれ

火が生まれ 土が生まれ

知恵をさずけた

あらゆるものに魂がある

果てしなくひろがる大地も

ひとしずくの水も 見渡す限りの雪も空も

我々にはカムイだ

あらゆるもに祈りを捧げる

Spotify
https://open.spotify.com/album/56eUu2CXCUDEOaTeWFx2vx

SoundCloud
https://soundcloud.com/user-102198061-40489048/kamui-prayer-of-ainu

Apple.com
https://goo.gl/6AEomj

Amazon.com                                                                                    https://goo.gl/CbzFZk

Guerrilla Lucha Diario 「ゲリラ闘争記」スペイン語版

英語でリリースした「ゲリラ闘争記」。世界中の人に聴いていただいて本当に幸せです。そしてこの曲はやっぱりスペイン語で歌うべきだと思いました。YouTubeにアップしました。まだまだ発音も粗削りで十分に仕上がっておりませんがこのスペイン語版も歌い続けていくことを決意。

“Guerrilla Lucha Diario ” lanzado en inglés. Estoy realmente feliz de recibir respuestas a esta canción de todo el mundo. Y pensé que esta canción también debería cantarse en español. Se cargó en YouTube. Aunque la pronunciación todavía es aproximada y todavía no está terminada, también decidí seguir cantando esta versión en español.

“Guerrilla Struggle Diary” released in English.I am truly happy to get responses to this song from all over the world . And I thought that this song should be sung in Spanish as well. It uploaded to YouTube. Although pronunciation is still rough cut and it is not finished enough yet, I also decided to continue singing this Spanish version.

 

“Guerrilla Lucha Diario”
Palabras y música de Keiji Ikeda

En algún lugar del mundo
Enfrentamos la historia
Descubre palabras que me inspiran
Continúa luchando constantemente

Sigamos luchando sin miedo
Vivir ahora se convierte en historia

Liberado de la cadena de dominación
Vamos a vivir
Si es un mundo que es irracional
Sigue luchando sin titubear

Sigamos luchando sin miedo
Vivir ahora se convierte en historia