キューバで「ゲリラ闘争記」を歌う

キューバのハバナで開催しているAnime Shuriken winter 2018 というジャパンイベントにゲストとして招待してもらった。イベントは2018年12月26日から28日まで開催。初日の26日はホテルパノラマ。27日と28日は第26動物園で開催。初日のオープニングアクトとしてチェ・ゲバラが1965年に子供たちに書いた最後の手紙にインスパイアされた「ゲリラ闘争記」を歌った。通訳をしてくれた青年の名前はなんとチェ・ゲバラと同じエルネスト。母親は著名な女優で元軍人。もちろんチェ・ゲバラにちなんで名付けられたそうです。「私はこの曲を歌うためにハバナに来ました。」というMCの後に、スペイン語、英語、日本語の順で歌った。会場は入りきれないほどの人で溢れていた。歌いはじめると手拍子もなく、じっくりと静かに聴いている。歌い終わった直後に割れんばかりの拍手と歓声。ドキュメンタリー映画の撮影もしていたのですが音響の針が振り切ってしまったほどだったそうです。その様子を主催者であるMarcelがフェイスブックで動画配信してくれていたので終盤の14秒間に編集してインスタグラムにアップ。

似顔絵をプレゼントしてくれた方も

エルネストがスペイン語、英語、日本語という順序が奏功したと後で話してくれた。初日は一曲だけでしたが歌い終わった後に次々に写真撮影や握手、またコード進行を教えてほしいというオファーもあった。

最終日の28日は第26動物園で30分のステージ。「ゲリラ闘争記」「エキストラたちの咆哮」「Take Your Marks」「カムイ -アイヌの祈り-」。この日は私も熟読している「Amazing Cuba」の著者である千野祐子さんも来てくれた。感激したのはキューバ人女子大生のガブリエラが「Take Your Marks」のスペイン語訳をすぐに送ってくれたこと。

帰国してからも「ぼくらの国の英雄についての曲を歌ってくれてありがという」というメッセージやフェイスブックでの友達申請が相次いだ。真心に溢れたキューバ人たちとの友情をテーマに曲を作り、感謝の気持ちを伝えるのがシンガーソングライターとしての役目だと思っています。

第26動物園で30分のステージ
ガブリエラと
通訳をしてくれたエルネストと

“From Subway…” English Translation

“From subway…”

Lyrics : Keiji Ikeda  Music : Myka

Take the same subway as usual

Stereotypes are born today as well

Although it can not be helped to live

How far I can keep going

Even though I close my eyes, things that I do not want to remember come up only

But if I get over today I will have a holiday from tomorrow

Weekend subway is slower space than usual

I looked at the picture of signage and remembered the dream I had forgotten

I wonder if I can jump out of my usual

I will draw a new future of myself again

いつもと同じ地下鉄に乗り

紋切り型が今日も生まれていく

生きてゆくには仕方がないけど

どこまで続けていけるだろう

そっと目を閉じてみても

思い出したくないことばかり

だけど今日をのりこえれば明日は休日

休日の地下鉄はいつもよりスローな空間が拡がる

サイネージに映し出されて

忘れかけてた夢を思い出す

いつもの自分から飛び出してゆけるかな

もう一度新しい自分を描いてみよう

 

“Welcome to My Garden” English translation

This song was completed with the music creation workshop “One Day Songwriting JAM!” Held on October 14, 2018. It is an event that creates and sells on the day.

“Welcome to My Garden”

Hello Hello, Warm sunlight shines

Hello Hello, Welcome to my garden

Inside the town colored orange, You are facing confusion

The horn obstructs the song of an angel sung by someone

A building that looks like a tomb

A subway like a maze without an exit

There is no answer to the city wind blowing cold

Come here without forcibly proceeding

Hello Hello, in the sunbeams through the sun

Hello Hello, Your favorite flower blooms

Hello Hello, Welcome to My Garden

Hello Hello, My garden for you

In the hustle and bustle of the city poinsettia

I am looking for something while being embarrassed

Congestion can not be solved at all

Navigation does not show departure or escape

Even if it continues to resist the cold wind blowing in the city

I want to have a nice time with you now momentarily

Hello Hello, Warm sunlight shines

Hello Hello, Your favorite flower blooms

Hello Hello, Welcome to you and my garden

Hello Hello, The garden for two of us

Hello Hello, I can hear Angel ‘s Song

Hello Hello, Spring comes from afar

Hello Hello,Welcome to My Garden

 

Lyrics and photo by Taka Nozomi
Music by Keiji Ikeda
Recorded at Cave_tokiwadai

4th single “Take Your Marks” English Translation

“Take Your Marks”
Lyrics : Junjun Fujiyama / Music : Keiji Ikeda

What are you doing now?
In the train on your way home?
Alone in the kitchen? Or in front of the PC ?
You should start when you notice it
Having a dream is a human privilege

Take your marks  In your own way

Head towards a dream that flushes in your heart

What are you doing now?
The corner of the classroom? In the crowd?
Or are you staring at the smartphone?
It does not matter whether it is reality or virtual
S N S is also one of bonds

Take your marks  In your own voice

Spread your own existence

Life is a thing that will end rather quickly than you think
So let’s feel this moment as being “alive” as “happiness”

Take your marks   Are you ready?

I ring the gunshot

Take your marks   Are you ready?

I’ll encourage you

Take your marks   Are you ready?

Don’t hesitate to move forward

 

“Take Your Marks”

作詞:冨士山絢々 / 作曲:池田敬二

君は 今何してる?

帰り道の電車の中?

ひとりぼっちのキッチン?

それともパソコンの前?

気付いた時から始めればいいさ

夢を持つことは人間の特権

Take Your Marks 君だけのやり方で

胸に閃いた 夢へ 向かえ

 

君は今何してる?

教室の隅っこ?   人混みの 中?

それともスマホを見つめているの?

リアルかどうかなんて どうだっていいのさ

S N S も   絆の 一つだ

Take your marks 君だけの声で

己の存在を拡散させろ

 

人生とは自分で思うよりも

あっという間に終わってしまうものだから

だから生きている今この瞬間を

少しでも「幸福」だと思ってみないか

Take your marks

さあ、位置について 俺が銃声を鳴らすから

Take your marks

さあ、位置について 俺がお前の背中を押すから

Take your marks

さあ、位置について 躊躇わずに突き進め

Kamui -Prayer of Ainu- English translation

Kamui -Prayer of Ainu-  by  Keiji  Ikeda

Every  time  the  owl  blinks

The  sun  was  born

The  moon  was  born

The  fire  was  born

The  soil  was  born

And  gave  us  wisdom

Everything  has  a  soul

The  endless  earth

One  drop  of  water

Snow  and  sky  as  much  as  you  can  see

All belongs to God (Kamui).

We  pray  for  everything

「カムイ -アイヌの祈り-」

フクロウがまばたきするたびに

太陽が生まれ 月が生まれ

火が生まれ 土が生まれ

知恵をさずけた

あらゆるものに魂がある

果てしなくひろがる大地も

ひとしずくの水も 見渡す限りの雪も空も

我々にはカムイだ

あらゆるもに祈りを捧げる

Spotify
https://open.spotify.com/album/56eUu2CXCUDEOaTeWFx2vx

SoundCloud
https://soundcloud.com/user-102198061-40489048/kamui-prayer-of-ainu

Apple.com
https://goo.gl/6AEomj

Amazon.com                                                                                    https://goo.gl/CbzFZk

Guerrilla Lucha Diario 「ゲリラ闘争記」スペイン語版

英語でリリースした「ゲリラ闘争記」。世界中の人に聴いていただいて本当に幸せです。そしてこの曲はやっぱりスペイン語で歌うべきだと思いました。YouTubeにアップしました。まだまだ発音も粗削りで十分に仕上がっておりませんがこのスペイン語版も歌い続けていくことを決意。

“Guerrilla Lucha Diario ” lanzado en inglés. Estoy realmente feliz de recibir respuestas a esta canción de todo el mundo. Y pensé que esta canción también debería cantarse en español. Se cargó en YouTube. Aunque la pronunciación todavía es aproximada y todavía no está terminada, también decidí seguir cantando esta versión en español.

“Guerrilla Struggle Diary” released in English.I am truly happy to get responses to this song from all over the world . And I thought that this song should be sung in Spanish as well. It uploaded to YouTube. Although pronunciation is still rough cut and it is not finished enough yet, I also decided to continue singing this Spanish version.

 

“Guerrilla Lucha Diario”
Palabras y música de Keiji Ikeda

En algún lugar del mundo
Enfrentamos la historia
Descubre palabras que me inspiran
Continúa luchando constantemente

Sigamos luchando sin miedo
Vivir ahora se convierte en historia

Liberado de la cadena de dominación
Vamos a vivir
Si es un mundo que es irracional
Sigue luchando sin titubear

Sigamos luchando sin miedo
Vivir ahora se convierte en historia

 

「ゲリラ闘争記」がキューバ大使館に紹介されました

このブログのテーマソングとして作詞作曲した「ゲリラ闘争記」を公開したのは三年前の3月。YouTube などのSNSにもアップ、さらにライブハウスでのオープンマイクなどでも必ずといっていいくらい歌い続けてきました。

昨年11月にはイギリスのオンラインレコーディングサービスであるMyFirstSingleとの遠隔レコーディングによってこの曲を英語バージョンで制作。187カ国で配信販売されている。せっかく世界中に届けることができているのだからとツイッターで、日本語、英語、スペイン語、フランス語の4ヶ国語でデビュー曲「エキストラたちの咆哮」と合わせてプロモーションを続けていた。鍵となるハッシュタグも色々と試してみた。

#Spotify、#SoundCloud、#AppleMusic、#AmazonMusic、#deezer、#tunecore、#GooglePlayMusicといった音楽関連のものから「ゲリラ闘争記」では#Cuba、#CheGuevara、#Che、#guevara、#ernestoといったチェ・ゲバラ関連のハッシュタグを使用している。

3月1日(木)の昼休みだった。在日キューバ大使館のツイッターアカウント@embacubajapanが「ゲリラ闘争記」を告知する私のツイッターのつぶやきをリツイートしてくれた。瞬時に東京在住のキューバ人からフェイスブックで友達申請が立て続けに届いた。「ツイッターでチェの歌を聴きました。とてもよかったです。」とメッセージが届いた。さらにキューバ大使館のフェイスブックページでも「ゲリラ闘争記」を紹介してくれた。

Embajada de Cuba en Japón
https://www.facebook.com/embacubajapon/posts/1704811202912367

スペイン語で以下のように書かれていました。

日本のシンガーソングライター池田敬二がエルネスト・ゲバラに捧げた美しい賛辞(曲)はチェがボリビアに出発する前に子供たちに送った手紙にインスパイアされたものです。キューバ政府 文化省

英語で歌ったからこそ世界に届いたと思います。
でも、この曲はやっぱりスペイン語で歌うべきだと思ってます。
キューバでこの「ゲリラ闘争記」を歌える日にはスペイン語バージョンを現地のみなさんに聴いてもらえたらと準備を進めています。

「ゲリラ闘争記」英語バージョンは以下でお聴きいただけます。

YouTube
ゲリラ闘争記 -Guerrilla Struggle Diary-
https://youtu.be/XL3zel5vLgU

SoundCloud
Guerrilla Struggle Diary
https://soundcloud.com/user-102198061-40489048/guerrilla-struggle-diary

ゲリラ闘争記 -Guerrilla Struggle Diary-が販売開始

このブログのテーマ曲として作った「ゲリラ闘争記」の英語バージョンをイギリスのMyFirstSingleがプロデュース。iTunes Store他で販売が開始されました。インスタグラムに投稿したのがきっかけでMyFirstSingleのファウンダーJoeに見つけてもらってリリースしたデビュー曲「エキストラたちの咆哮」に続くセカンドシングルです。プロデューサーのBobに「次は英語で歌えよ」という問いかけを真に受けて本当に英語で歌ってみました。ハーモニカも吹いてボブ・ディランのようなスタイルになっています。

対訳は以下です。

“Guerrilla struggle diary”   words and music by Keiji Ikeda

Somewhere in the world We face the history

Find out words that inspire me Continue to fight constantly

 

Let’s keep fighting without fear

Living now becomes history

 

Unleashed from the chain of domination We are going to live

If it is a world that is unreasonable Keep on fighting without hesitation

 

Let’s keep fighting without fear

Living now becomes history

 

「ゲリラ闘争記」-Guerrilla Struggle Diary-

作詞・作曲 池田敬二

世界のどこかで 俺たちは歴史と向かい合っている

自分を奮い立たせる言葉を探し出して 絶え間なく闘い続けるんだ

 

恐れることなく闘い続けるよう

今生きることが歴史となる

 

支配という鎖から解き放たれて俺たちは生きていく

理不尽がまかり通る世の中だとしたら迷うことなく闘い続けるんだ

 

恐れることなく闘い続けるよう

今生きることが歴史になる

以下のストアで販売開始

tunecore:池田敬二「ゲリラ闘争記」-Guerrilla_Stuggle_Diary-

The lyrics of “Roar of extras” English Translation

“Roar of extras”  music & Lyrics by Keiji Ikeda

A storm does not happen

Every day,Just get up and eat and sleep

I should be the hero of my life

I have become an extra

I do not want to admit such a thing

Nothing to do

I’m just worried

Open your chance   By yourself

Audition opportunities are everywhere

On the small stage of the live house

Burn the proof that you are alive

「エキストラたちの咆哮」作詞・作曲 池田敬二

嵐が起こるわけでもないし

ただ起きて 食って そして眠るだけの毎日

自分が人生の主人公のはずなのに

その他大勢のエキストラになりさがってる

そんな自分を認めたくないけど

何をするでもなく ただ苛ついている

 

チャンスをこじ開けろ 自分自身で

オーディションはそこらじゅうに 転がっている

ライブハウスの小さなステージで

生きてる証を燃やし尽くせ

 

 

 

Now on sale !

(日本語)
https://www.tunecore.co.jp/artist/keiji_ikeda?id=210456&lang=ja#r394394

(English)
https://www.tunecore.co.jp/artist/keiji_ikeda?id=210456&lang=en#r394394

 

インスタにオリジナル曲の動画を上げたら世界デビューしました

2017年6月22日にインスタグラムに作詞・作曲した「エキストラたちの咆哮」という曲をアップした。ライブハウスがマイクを解放して自由に参加できる「オープンマイク」というムーブメントが世界中で展開されているが私も練馬のBE born 所沢のカフェ来遊留のオープンマイクに参加するようになり、このスリリングな感覚や感じたことを曲に封じ込めたいと思ったらすぐにこの曲は出来上がった。

ハッシュタグによって世界中からいろんな反応がくることをすでに体験していた。フォロワーではなくてもハッシュタグを駆使することによって、たとえ日本語で歌っていても、思いがけなく世界中に拡散していくのだ。この時に使ったハッシュタグは以下。

#singersongwriter  #songwriting  #singer  #singers  #歌  #歌うたい  #オープンマイク  #gibson  #gomixer  #gibsonj45  #ギター弾き語り

すると世界中のアマチュアミュージシャンを対象にプロフェッショナルなレコーディングを提供するイギリスの音楽制作サービスMyFirstSingleの公式アカウントからコメントがあった。

“Awesome job, you have a great voice, is your music original?”

そして何度かメッセージのやりとりを重ねた。スカイプのような通話サービスであるZoomを使って何度も何度も丁寧にミーティングを重ねた。

「エキストラたちの咆哮」のコード譜を送り、アレンジされたサウンドトラックが送られてきた。どんなサウンドになるか全く予想がつかなかったが初めて聴いた時、全身が震えるくらいに感激した。このサウンドトラックに合わせて自宅のマンションでボーカルを収録してデータを送信。レコーディング用のコンデンサーマイクも銀座のYAMAHAで購入しておいた。9月2日にマスタリングされた最終バージョンの音源が届いた。ミキシング、マスタリングもプロの手にかかると文字通り、音が生まれ変わる。

せっかくなので販売してみようと思った。今は個人でも世界中に音楽を販売することが可能だ。ディストリビューションを代行してくれる会社の中からTuneCoreというサービスを選択。シングルで年間利用料は税別1,410円。日本国内25のストア、世界120ヶ国以上(2018年2月9日には187ヶ国に拡大)に配信できる。申請から35分で許可がおり、2017年9月3日から続々と世界中で配信がはじまった。すでにTuneCoreには日本と英語で私のページができている。

ツイッターでエゴサーチしてみると発売初日の深夜にMP3ダウンロードランキングで国内2位だったようである。このことをイギリスのMyFirstSingleのスタッフに伝えると彼らも大喜びだった。

世界各国のiTune Store、Apple music、Amazon music、Spotify、Google Play music、日本国内でもLINE MUSIC、ドコモのdミュージック、music.jpストア、楽天ミュージックなども配信が開始。

プロデューサーのBobからZoom ミーティングで「次回は英語で歌えよ!」と言われ、準備に入っている。